メニュー

東京南部生活協同組合 なんぶおとどけ

2018年総代会報告と出資金払戻しについて

お知らせ


組合員のみなさまへ

                  東京南部生活協同組合

残暑の候、組合員のみなさまにおかれましてはますます御健勝のこととお慶び申し上げます。また、長期に渡る生協事業活動へのご支援、ご協力を賜り重ねて感謝申し上げます。

  このたびの西日本豪雨により亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。被災されたみなさまにはお見舞いを申し上げますとともに、一日も早く日常生活が戻ることを願います。現在、東京南部生協では西日本豪雨支援募金活動を実施しております。一人でも多くの皆様のご協力をお願いいたします。

 さる、6月12日(火)に大田区民プラザ展示室におきまして、第47回通常総代会を開催し全議案賛成多数で可決されました。17年度の事業は、中期3カ年計画の一年目でしたが供給高、経常剰余ともに減少し厳しい状況となりました。供給高16億円超の事業基盤づくりを目指して、産地との交流を深めながら「知って、試して、広げる」商品活動をすすめています。運動面では、地域での居場所づくりや地域の見守り活動、組合員同士が相互に助け合える活動をすすめています。

 2017年度の当期剰余は2,249万円で、2015年度比マイナス1,169万円(65.8%)の実績です。利用人数の減少と組合拡大が計画から遅れていることが最大の要因です。引き続き、経営再建との関係では供給高を伸ばすことが最大の課題です。

 昨年の脱退出資金の払戻しは2005、6年度に脱退された組合員へ実施させていただきました。18年度の払戻し計画は2007年度に脱退手続きをされた組合員の半分の方が対象ですが、この間、財政的に厳しさが増しており、理事会として事業への影響を判断しながら払い戻しの有無、対象者、時期、金額について2019年1月をめどに決定させていただきます。

 脱退手続きを終えられている組合員のみなさまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解をお願い申し上げます。詳しくは添付の資料「総代会ダイジェスト版」をご覧ください。

第47回総代会ダイジェスト版

このページの情報をSNSに送る

ページの先頭へ